骨盤の形

骨盤は体の中心に位置し、脊柱の一部である仙骨、それに接した左右の大きな腸骨、前方にある恥骨と坐骨から構成されています。
そして股関節と連結しており、上肢と下肢を支えている「体の支柱」のようなものです。
横から見るとやや前に傾いていて、正面から見ると逆三角形をしています。

骨盤はバランスをとったり、歩行したり、日常生活において非常に重要な役割を果たしています。
骨盤はまわりの筋肉によって支えられています。
筋肉とは、上半身と骨盤をつないでいる腹直筋と脊柱起立筋、下半身と骨盤をつないでいる臀部筋群(おしりの筋肉)と内転筋(ふとももの内側の筋肉)です。

骨盤の役割

上の"骨盤の形"でも述べたとおり、骨盤は体の中央で上肢と下肢を支えている「体の支柱」のようなもの。
次のような大切な働き、役割を担ってくれています。


☆S字型に湾曲している人間の背骨のバランスをとり、上半身の重さを受け止める。
☆左右の股関節を支え、歩く動作の起点となっている。
☆座る際の台座になる。
☆大腸・生殖器・泌尿器などを下から支える受け皿になる。
☆女性の場合、妊娠した際に胎児を包む子宮のベッドになる。

骨盤が歪んでしまうと、これらの働きを果たしてくれなくなり、体のバランスが崩れ、スタイルが悪くなったり、肩凝りや腰痛などの不調を引き起こし、さらには不妊を招く恐れもあるのです。

骨盤が歪むとは

ところで、「骨盤が歪む」と聞いて、骨そのものが曲がったり変形したりすると思っている方はいませんか?
それは間違いです。
骨盤は複数の骨で構成されており、周りで骨盤を支える筋肉によってその位置を保っています。
ところが、その筋肉がアンバランスになってしまったり、弱くなってしまうと、骨盤が本来あるべき場所に収まることができず、骨の位置がずれてしまうのです。
そしてそのずれ方が「開いた」状態になっていて、外側に力がかかっているのです。

また、開いた状態で固めてしまっているのが、骨と骨をつなぐ軟骨です。
軟骨・・・ホタテをイメージしてください。
軟骨が柔らかいとは、ホタテがぷるぷるしているイメージ。
しかし、軟骨が固まってしまい、骨と骨がスムーズに動かないのが、干しホタテのイメージです。

軟骨に水分を保持させ柔らかくし、骨が動きやすい状態にすることが、骨盤矯正には欠かせません!

骨盤を締めるには、骨盤をしっかりと立てて、腰に湾曲をつけ、背筋をまっすぐさせること。
そうするための筋肉をつけなければなりません。⇒歪みの外的要因

さらに、「骨が動きやすい状態」を作って、締める動作を効果的に働かせなければならないのです。⇒そのためにはグルコサミンが必須アイテム!

筋肉が衰える…

人間は楽をしたがる生物です。
座るときに腰を落としたり、猫背で歩いたりします。
すると当然、筋肉は衰えます。
その結果、骨盤があるべき場所からずれます。
こうなるとますます姿勢が悪くなり、楽な姿勢を取ろうとしてますます筋肉が衰える、という悪循環が生まれてしまうのです!

すでに筋肉が衰えている人は、自分で気をつけているつもりでも無意識に楽な姿勢を取ろうとしています。
目に付くところに、自分が気をつけることを書いて張っておくのも一案かもしれません。
私は仕事柄パソコンを使うので、パソコンの壁紙やデスクトップ付箋に書いておきました!

筋肉がつきづらい…

筋肉が衰えてしまうのならば、頑張って筋肉をつけよう!
そう思ってお腹・お尻・足などの筋肉をトレーニングした方も多いのではないでしょうか。
しかし、骨盤が歪んでいる人は、筋肉がつきづらい悩みを抱えているのではないかと思います。
なぜでしょうか。

骨盤が開いていると、自然と「腰が寝る」状態が楽になってきます。
いわゆる「サル腰」です。
腰が寝ると、次は腰の骨(本来は前後に自然なS字湾曲がついている)がまっすぐになる方向に力が加わります。
すると、一つ一つの腰骨の間を通っている神経が圧迫され、神経が流れづらくなります。
筋肉は、神経が流れていないところにはつきません。

このメカニズムで、「筋肉が弱いので楽な姿勢を取りたい」→「神経が流れなくなる」→「筋肉がつかなくなる」という悪循環が生まれるのです。


神経を通すためには、もちろん骨の形を矯正するのが一番です。
ですが、いきなり骨が治るわけではないし、骨を支えるためにも筋肉は必要。
本当ににわとりと卵の関係なんですね。
骨を治しながら神経を通して筋肉をつけていく、並行作業が必要なんです。

では神経はどうすれば通るのか?
その手助けをしてくれる成分がカルシウムです!

カルシウムについてはこちら☆

サル腰になると…

上で、「骨盤が開く」→「腰が寝てサル腰になる」→「腰骨がまっすぐになる」という流れを説明しました。
腰骨がまっすぐになることで、もうひとつ悪いことがあります。
椎間板が潰れることです。

椎間板は弾力性に富んだ軟骨組織で、ゼリー状の髄核(ずいかく)と線維軟骨である線維輪(せんいりん)からなっていて、衝撃に対して大きな抵抗力があります。
この椎間板が潰れると、椎間板ヘルニアや、坐骨神経痛が起こります。

では、サル腰になるのを防ぐにはどうすればよいのでしょう。

人間、いくら姿勢を良くしようと思っても、自分の体に付いた癖は中々治りません。
いつの間にか楽な姿勢を取ってしまうし、第一正しい姿勢を今まで取っていなかったのですから、どの状態が正しい姿勢なのか体が覚えられないのです。

だからこそ、骨盤矯正ベルトや矯正下着が必要になるのです。
単に体型補正をするためではなく、体を正しい姿勢で支える「筋肉」の代わり、として使うのです!

骨盤を支えるベルト
骨盤補正下着

筋肉がアンバランスになる…

日ごろ何げなくおこなっている動作や行動も、骨盤の歪みを引きおこします。

・椅子に座るときに足を組む
・床に座るときに横座り(女の子座り)をする
・片足に体重をかけて立つ
・鞄を片方の肩にだけかける

このように、体の一定の場所にだけ負担をかけるような状態では、筋肉がアンバランスにつくことになり、骨盤がずれます。
ひいては背骨も曲がってきます。
さらに、股関節にも無理な負担がかかります。
股関節は「骨盤に脚の骨がはまっているところ」です。
ここがずれて股関節が出っ張ってしまうと、お尻の下の部分が妙に横に広い、四角形のお尻になってしまうのです。

この出っ張った股関節を内側に戻すにはどうすればよいのでしょう?

まずは上に上げた4つの禁止事項を、今後絶対しないこと。
これはやることが明確なので、自分でも気をつけることができると思います。
しかし、それは現状維持にしかなりません。
ではどうやって股関節をさらに内側に入れるのでしょう?

そのためには、上で紹介した骨盤を支えるベルトをしっかり巻くこと!
さらに、↓ストレッチングボード、足指リング、スリムクッションを使ってください。

ストレッチングボードXO(エックス・オー)
足指シークレットリング
スリムクッション

体重を内側にかけ、自然に体の内側に筋肉を付かせる効果があります。
また、さらに積極的に筋肉をつけるにはこちらがとても有効的です。

ロデオボーイ

上でご紹介したものは、馬鹿馬鹿しいと思うかもしれませんが、本当に効果あるんです。
筋肉を付けるのは結局自分の努力です!
自分の体を根本的に変えようと思ったらしっかり筋肉と骨を整え、普段の生活の中で自然に筋肉が付くような体に変えていきましょう!!

股関節がずれると

股関節がずれる話をしました。
ここを見ている方はご存知の方も多いと思います。
股関節によって骨盤とつながっている大腿骨が外側へとずれ、大腿骨に歪みが生じると、それにつながらる膝や足首の関節まで影響が及びます。
すると、本来ならほぼ直線になるはずの大腿骨と頚骨にねじれが生じてしまいます。
さらに、付け根から外側に大きく張り出した脚は、外へ外へと鍛えられ、骨の外側にばかり筋肉が発達してしまい、不自然な湾曲した脚が出来上がります。
これがいわゆるO脚です。

こうして外側に発達した筋肉の状態で、「足を細くしたい!」といくら筋トレをしても、どんどん体が外側に発達していくばかりで全く意味がないのです。

まずは内側体重にして、正しい筋肉を付けて骨を正しい位置に戻しましょう。
毎日の歩き方をチェックしてください。
靴の外側が減る人は、あえて内側が減るような歩き方をしてみてください。
やりすぎぐらいのつもりでやらなければ、今までの癖は治りません。
このとき、足指リングが非常に効果的です。

また、家にいるときはストレッチングボードXOを使ってください。
テレビを見ている間、本や雑誌を読んでいる間、歯を磨いている間・・・
いつでも使えます!

ストレスがかかると骨が歪む

ストレスを感じると、体がきゅっ!と縮む感じがしませんか?
このストレスにより、影響を受ける骨があります。
主に首の骨と仙骨です。

まず、どのようなストレスがどの骨に影響を及ぼしているのでしょう。

@頭のストレス
いつも時間がなく、何かに追われているようで、頭の中がいっぱいいっぱいになってしまう方。
こういう方は、頭にストレスを受けています。
そして、その影響は首の骨に出ます。
頚椎(首の骨)は七本で構成されていますが、そのうち上から二番目の骨が後ろに出てきてしまうのです。

A心のストレス
例えば会社の人間関係ですとか、嫁姑問題など、腹が立っても言えずに溜め込んでしまう方は心のストレスを抱えている場合が多いです。
こういったストレスを感じると、まず脳が神経を通じてストレス負荷をかけるのが子宮・卵巣系です。
しかし体が子宮・卵巣系を守ろうとして、そこに神経が届かないように工夫します。
すると、仙骨が縮み、神経を圧迫するのです。


これから、以上二つについてさらに詳しくご説明します。

ストレス→首の骨@

まず首の骨についてです。
人間はストレスがたまっても耐えなければならない時、ギュッと奥歯を噛みしめてこらえる傾向があるようです。
また、自分が自覚していない睡眠中に、歯ぎしりという形でストレスを発散したりもします。
毎晩この状態が続くと、頭蓋骨やあごの関節を歪めるだけでなく、首や肩の筋肉の緊張をもたらします。
ストレスによる頚椎(首の骨)のずれは、頚椎の上から二番目の骨が縦方向へのずれ(のど側から首の後ろ側へ骨が出る)です。
これにより、脳からの神経が胃腸に届くのを阻害するようになります。

さらに、首の骨の歪みには、食べ物の片噛みや同じ方向の肘付きなどの要因もあります。
片噛みや肘付きは横方向にずれる(左右対称であるべき骨が、右側もしくは左側に向く)ようになります。
横方向にずれると、筋肉がアンバランスにつくようになり、肩凝りや腰痛を引き起こし、骨盤も歪んできます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。